ご加入企業の声

南西空調設備株式会社
南西空調設備株式会社
南西空調設備株式会社 会長 久高 將英 氏
低リスクで堅調な資産運用に支えられた安心の組織運営
弊社が加入していた九管連厚生年金基金が解散するということで、退職金制度を継続するか取りやめるか考えていたところ、沖縄県建設業企業年金基金(以下、当基金)からお話を聞く機会があり、財政状況や運用状況を伺ったところ非常に良かったんです。それで、2年前の平成28年7月1日にこれまでの九管連の分配金を持ち込んで当基金に加入しました。他の企業にも、是非こちらに加入した方がいいと勧めているところです。ほんとにいい。(笑)
南西空調設備株式会社 会長 久高 將英 氏
加入後の印象は、運用もさることながら投資リスクも低いことに安心感があります。バブルが終わった頃は、全国で多くの企業年金が解散しました。あの時に、非常に痛手を被っているところが多かった訳ですが、運用をしっかりできた基金が生き残ったんだと思います。また、近年は建設業というのは従業員が減少していることを心配していましたが、当基金は加入者も増えており財政状況も安定しているんですね。それに、当基金は予定利回りが5.5%と聞きました。九管連では、全国並みの2.5%くらいまで落としていました。ところが、当基金は5.5%が保持されていて、非常に優秀だと思いました。
今年からは、当基金の理事並びに資産運用委員会の委員も務めています。理事が多いと発言が減るというのは気になるところではありますが、以前加入していた九管連の運用委員会は、お互い理事の中から4〜5名で構成され、運用先を考えなければならず大変でした。当基金の場合は、専門のコンサルティング会社もいて多角的なアドバイスと資産商品の推奨を得られるので、安心しています。
【出張ねんきんセミナーについて】
社員を対象にしたねんきんセミナーは、まだ受けていません。
年金制度は複雑で社員は年金について十分な知識はないと思いますので、是非利用したいですね。
南西空調設備株式会社会長久高將英氏